柱になる突っ張り棒を使って棚をつくるDIY術

突っ張り棒なら傷をつけずに取り付けられる

賃貸の場合、壁などに傷をつけることが許されないため、自分で何かを取り付けることが難しく、DIYに取り組むことができない場合が多いです。しかし、工夫次第で賃貸でも自由にDIYを楽しむことができます。最も有効な方法として挙げられるのが、突っ張り棒を使う方法です。突っ張り棒は直接くぎを打つ必要もなく、表面を傷めずに取り付けることができることから、賃貸での収納を増やすためによく活用されます。柱になるような大きく高さのあるものなら、家の中に柱を作るような形で取り付けることができます。先端部分だけの伸縮する金具なども販売されていて、木材を組み合わせて使うことでよりしっかりした柱を取り付けることもできるので、DIYの幅を広げてくれます。

様々な工夫ができるメリット

柱を付けることで、そこから様々な工夫をすることができます。専用のパーツなどもあるので、それを突っ張り棒に取り付ければ棚がすぐにできます。フックなどを付けることもできるので、ちょっと何かをかけておくための場所も簡単に作れます。突っ張るパーツを使い、木材などを柱として使った場合には、そこに何かを取り付けることもできます。木材なので釘や画びょうなどを使うこともできるようになるのです。そこに壁のように板をはったり、ネットを取り付けたりすると、さらにいろいろな使い方ができます。部屋を区切って使うこともできるので、生活スペースとワークスペースを分けるなどの使い方も可能です。不要になればもとに戻しやすい点も便利な点といえます。